20代男性の口臭の悩み

新社会人の身だしなみ?20代男性の口臭の悩み

 

20代になると男性は大学や専門学校を卒業して、

第二の人生と呼ばれる社会に進出します。

 

新しい常識、大人としての礼儀、社会人としてのマナーなど、

いままで知らなかったことを学ぶことになります。

 

社会人としてのマナーを知ろう

 

会社に就職すると、
そこにはさまざまな人がいます。

 

いままで話したこともないような偉い人、年上の上司、先輩、重要顧客など、

 

人と接する機会というのは非常に多くなります。こと営業に関しては特に言えます。

 

大切なお客と商談を行うようになります。
先輩上司は口をすっぱくして新卒社会人にこう言うでしょう。

 

「第一印象を大切にしろ」と。
つまり外見の身なりをきちんとしろということです。

 

口臭対策は社会人の常識

 

その一つとして挙げられるのが「口臭」です。

 

煙草を吸う方はもちろんのこと、昼食ににおいのする料理を食べてしまったり、

 

慢性的な口臭に悩んでいる人はお客の前でなかなか口を開けることはできません。

 

口臭に気づかれると相手は不快に思いますし、不快に思った企業とは取引はしません。

 

特に人事、購買、総務の部署が商談相手ならなおさらです。
彼らは人をみる選別眼を備えていますので、取引先に非常に厳しいです。

 

第一印象は最初の20秒で決まるとよく言いますし、
また、その第一印象を後に挽回することは極めて難しいことでもあります。

 

このように、人をいろいろな角度から厳しい眼で見る日本人は口臭さえもその一つとなります。

 

社内営業も重要

 

「社内営業は取引先への営業よりも難しい」と言います。
社内営業とは簡単に言えば会社内での人間関係です。

 

同僚、先輩、上司、部下との人間関係を一人ひとり気づくのは努力と日頃の心構えが必要です。
会社の発展を目標として全員と良好な関係を気づく必要があります。
中には厳しい先輩が指導にあたり、四苦八苦している方もいらっしゃるかと思います。

 

隣のデスクに座っている人がにおいのきつい昼食をとっていたら、
「周りの人のことも考えろよ」、「これから客先行くんだろ」などと注意されることでしょう。

 

このようなことにならない限り、「口臭」、「匂い」に関しては非常に神経質になる必要があります。
またスーツについた匂いはなかなか取れないという原因もあります。

 

口臭のような身体的な指摘はいままでされてこなかった人も多いかと思います。
しかし、ここは社会であり、営利目的とした企業です。

 

少しでも損害を被る可能性は排除しなければなりませんし、それは例え口臭のようなデリケートな問題であっても上司の方々はしっかりと指導することでしょう。

 

新卒社会人はまだまだ大人としての階段を上っている途中であり、社会において素人と見なされます。
少しでも欠点があると、そこにつけこまれて嫌な思いをすることとなります。

 

口臭は対策をすることが比較的容易なので、
自分の口臭を確かめた後、必要ならばしっかりと改善しましょう