カフェインが口臭の原因

出勤前のコーヒーブレイクは実は毒。カフェインが口臭の原因

 

毎朝起床したら目覚めの一杯としてコーヒーを飲む。

出社前にスターバックスやドトール、マクドナルドのような

喫茶店やファストフードに立ち寄ってコーヒーを飲む。

 

仕事中、集中力を高めるために気付け代わりにコーヒーを飲んでいる。

残業中、眠気覚ましにコーヒーを飲んでいる。

 

おそらく社会で働く男性の多くはこのような日常を慢性的に行っているのではないでしょうか。

個人によって摂取量は異なりますが、コーヒーは社会人の代名詞的飲料水となっているのは事実です。

 

しかし、このコーヒーを口臭と関連付けて考えた時、意外な事実も判明しています。

 

カフェインは天使にも悪魔にもなる

 

コーヒーの中に含まれているカフェイン。これは実は口臭の予防になることはご存じだったでしょうか。
カフェインには消臭効果があるので、食後に一杯コーヒーを飲むことは口臭予防に効果的です。

 

しかし、何杯も飲み続けていると、逆に口臭を引き起こすことにもなりねません。

 

カフェインは口臭のもとにもなる

 

カフェインは消臭効果があるとともに、
唾液の分泌量を減少させる効果もあります。

 

唾液は口の中を清潔に保ち、
口臭のもととなるバクテリアを洗い流す作用があります。

 

その唾液が分泌しなくなると、口の中は乾いてしまいます。
口腔が渇くと再びバクテリアが繁殖して、
口臭が発生してしまいます。

 

また、カフェインは成分の性質上、舌に付着してしまうのです。舌を鏡で見たら普段は赤いのに茶色になってる、白くなってる、という経験はあるかと思います。

 

これは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれているもので、
口臭の大きな原因です。

 

カフェインは舌に付着し、この舌苔になってしまうのです。
口腔の乾燥に加えて舌苔も付着してしまうので、口臭はきつく、焦げ臭い匂いとなるでしょう。

 

特に男性の方は営業周りの際、車の中でコーヒーと併せて煙草も吸ってしまう方も大勢います。
煙草も特有の匂いを発するとともに口の中を乾燥させますので、二重に口臭をきつくしてしまいます。

 

大事なお客と会う前にはブレスケアやガムなどを噛んでおきましょう。

 

コーヒーは飲みすぎると口臭の火種になってしまいますが、
一杯程度であれば消臭効果となりますので、摂取量を守って口臭対策を行ってください。