口臭の原因は口の中の不衛生

口臭の原因の80パーセント以上は口の中の不衛生

 

口臭に悩める患者のほとんどは口の中に原因があります。

 

消化器系、持病が原因の口臭もありますが、

便秘以外の症状の場合は自分で治すことができなく、専門の病院で治療を施さなければなりません。

 

また、この場合はどこの消化器、持病に口臭の原因があるかを特定することは困難なので、

長期間の治療が必要となります。

 

対して口の中(口腔)であれば、自分で気軽に対策をとることができる他、

病院に行くといっても慣れ親しんでいるかと思われる歯科医院程度です。

 

ここでは、口腔内で口臭を引き起こす原因を紹介したいと思います。

特に男性の方は肉類を多く摂取しがちですので、口腔内が不衛生になりがちです。

よく注意をしてください。

 

虫歯と歯周病が口臭の第一原因

 

 

虫歯とは虫歯菌が歯を侵食することによって

発生します。

 

虫歯菌のもととなる細菌は酸を出し

少しずつ歯を溶かしていきます。

 

つまり、

口臭は酸性の匂い

がしてくるのです。

 

虫歯は日々の歯磨きを怠っていたり歯を不衛生に扱っているとどんどん繁殖していきます。
虫歯になった隣りの歯も虫歯が移っているということもよくあります。それだけ繁殖率が高いのです。

 

「でも歯を抜くのは嫌だしな」と考えている方も腕の良い歯科医院に通えば問題ありません。
日本の歯科医療も現在は発展していますので、極力抜歯しないで虫歯を治療する方法がとられています。

 

もう一つは歯周病です。
煙草を毎日吸っている男性の方も多いはず。煙草は口の中を乾燥させ、バクテリアを繁殖させます。

 

食事を取った後に、食後の一服をしたり、就寝前に一服して歯磨きせずにそのまま寝てしまうと、
口腔は細菌だらけになってしまいます。
結果、歯垢(プラーク)が歯に付着し、その状態が続けば「歯石」となって、歯についてしまいます。

 

歯周病は歯を汚く扱っている発生する問題で、
歯磨きをしている最中に唾と一緒に血が混じることがあるかと思います。これが歯周病のはじまりです。

 

歯周病も軽度のうちは口臭を放つまでには至らなく、
丹念な歯磨きを行えば歯科医院に通う必要もありません。

 

しかし、歯周病が進行すると、膿が溜まってしまい歯槽膿漏歯周炎になってしまいます。そうなると、
抜歯や外科手術が必要となるときもあり、また口臭も強い匂いをはなつようになります

 

虫歯も歯周病も早期発見、早期治療が望まれます。
どちらも悪化してしまうと、最悪歯を抜くことにもなりかねません。

 

永久歯は生涯携えたい大切な歯です。入れ歯や差し歯も現在は発達して噛み心地はいいようですが、
どの医者も「将来どんなに医学が発達しても、本物の歯にまさるものはない」と口をそろえて言います。

 

口臭対策にも、日頃から歯を清潔に保つようにしてください。

 

口臭の原因の80%以上は口の中の不衛生記事一覧

口腔の不衛生が口臭患者のおよそ8割を占めることは前頁で解説しましたが、その中でも「口腔の乾燥」は口臭患者の多くが持っている原因の一つです。なぜ口の中が乾燥するかを知ろうそもそも、口の中が乾燥するというのは何が原因なのか。通常口の中は「唾液」が分泌することによって常に潤っています。しかし、そこに何かしらの悪影響があると、唾液の分泌量が抑えられて、口腔が乾燥してしまうのです。では、その悪影響とはどんな...